2009年4月の記事一覧

小顔療整で骨の位置を正しく

人間の頭部はとても重く、それを首が支えています。首がしっかりしていないと、それだけ顔がゆがんでくることになるのです。

首が衝撃を受けて曲がってしまうと、顔にもゆがみが生じます。普通の生活をしていたとしても、年月とともにゆがみが生じてきます。これを解消するのが、小顔療整です。エステティックサロンに用意されているコースで、頭蓋骨や首に生じているゆがみを解消してくれます。

頭蓋骨は23本の骨から成り立っています。1つでも曲がっていると、そこから全身にまでゆがみが生じてきます。小顔効果を高めるだけではなく、健康のためにもゆがみの解消が理想的です。

すぐに顔がむくみやすい人や、どんな小顔エステも効果が出にくいという人は、首や頭蓋骨がゆがんでいる可能性があります。エステティックサロンの小顔療整で骨の位置を正しくしましょう。バランスが良くなり、そこから血液の流れやリンパの流れがスムーズになります。

むくみの解消がしやすくなり、小顔エステの効果も高めることができるでしょう。そしてむくみにくい顔にすることも可能です。

小顔療整を行うことで左右のバランスが良くなりますから、かみ合わせも正しくすることができ、無駄な脂肪がついてしまうということもなくなります。エステティックサロンに行って、小顔療整をすることで、悩みの解消につながります。

2009年4月29日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:エステ

体験コースはフル活用で!

エステで小顔コースを体験したいという人は大勢いるのではないでしょうか。1度の施術でも小顔の効果を実感することができますが、高額というイメージがあります。そんな時には格安で体験できる、体験コースをお勧めします。

通常価格よりも、はるかに安い金額で小顔エステを体験することができます。内容は通常と同じですから、非常にお得です。

初めて来店するエステティックサロンならば、安い料金での体験コースが可能です。最初にカウンセリングを受けることから始めて、自分にぴったりの内容で、小顔のエステを行ってくれるでしょう。

エステティックサロンによって、体験できる期間が決まっていることがあります。ホームページなどで確認して、安くなっていないかどうかを確かめるようにしておくといいでしょう。

デコルテ部分をするサロンとしないサロンなど、小顔にするための内容が異なります。ほとんどのエステティックサロンではリンパマッサージをハンドや器械を使って行っています。引き締め効果の高いクリームやジェルなどを使い、小顔の仕上げをしてくれます。

いくつかエステを体験して、自分に合っているところを見つけることもできるでしょう。そのエステティックサロンの雰囲気をつかむこともできます。

2009年4月27日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:エステ

独自のマッサージ法で比較しよう!

エステティックサロンは種類が多く、その中にある小顔になるためのコースというのも、名称、内容さまざまあります。

小顔エステを受けたい人は、エステティックサロンではどんな施術をしてくれるのか、情報集めから始めましょう。どれも同じというわけではありませんから、自分にぴったりのものを受けてみるのもいいでしょう。

自己流で小顔になるためのマッサージをするのとは違います。エステでやってもらうマッサージはとても気持ちのいいものです。エステでは、顔やデコルテにマッサージをしていきます。これがハンドだったり、器械を使ったりと違ってきます。

効果は脂肪や水分の排出と、リンパの詰まりをなくすことです。セルライトの解消もすることができ、固まった脂肪もほぐして、小顔にしてくれます。

さらに表情筋を鍛えることによって、アンチエイジング効果が高まります。使用するクリームやパックも高価なものです。たった数十分のエステで小顔をしっかり実感することができるでしょう。

顔からむくみが消え、すっきりしたフェイスラインになっていきます。たるんでいた皮膚も伸びて、リフトアップされているはずです。その独自のマッサージ法を比較して、エステティックサロンを選んでください。特にハンドマッサージの方法や、使われている器械などを確認するようにしましょう。

2009年4月25日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:エステ

意外と手ごろで効果絶大なエステの施術

年齢が出やすく、そして最もその人を印象づける部分が顔です。女性ならメイクは欠かせないアイテムとなり、年齢やトラブルを隠すための必需品です。

元々の顔をトラブル知らずの顔にしたいというのは、女性に共通の願いです。そして小顔になることもトラブルの解決に含まれます。

毎日のお手入れの中で実行できる人が少ないのが、小顔にするためのマッサージです。小顔マッサージは自分でも行うことはできますが、一番効果的なのは、やはりエステティックサロンでの「小顔エステ」でしょう。

小顔にするというだけではなく、肌の状態を良くするためのトリートメントもしてくれます。小顔エステをすると、すっきりと顔を軽くすることができるのです。

エステティシャンはプロですから、リンパの流れや詰まり具合といったものが触っただけで分かります。顔がどれだけ凝っているのか、どの部分が脂肪で筋肉なのか。そしてむくみを取るためのハンドエステを行ってくれます。

エステではデコルテ部分から始まる顔のマッサージをしてくれます。トリートメント剤には美容効果の高いクリームを使って、普段は味わうことのない気分に浸ることができるでしょう。

こわばっていた顔の表情がほぐれ、むくみがなくなります。肌もつるつるになり、血色も良くなります。

2009年4月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:エステ

造顔マッサージでリフトアップ!

テレビや雑誌には、これまで以上に美容に関する専門家が登場しています。それぞれ独自の美容法を持ち、メイク方法やマッサージ方法などを伝授してくれています。

その中に造顔マッサージというのがあります。これは田中宥久子さんが開発したもので、顔を小さくして、アンチエイジングが望める美容法です。こういったマッサージを実際に取り入れることで、高い小顔効果が期待できます。

造顔マッサージはほかの小顔マッサージとは違い、ちょっと力が入ります。肌に負担をかけないようにクリームを必ず使うことをお勧めします。

とても人気のあるマッサージ法で、本やDVDも発売されています。正しい方法をマスターして、小顔に近づきましょう。

これを1日の最初にしておくと、12時間はその効果を持続させることができます。メイク前に造顔マッサージをして、毎日若々しさを演出することができるでしょう。

小顔の即効性があると言われている造顔マッサージは、リフトアップ効果が高いとされています。たるみをなくし、むくみの解消に役立ちます。

血行が良くなるように、リンパの詰まりを取り除き、顔の筋肉も柔らかくすることができます。すっきりとしたフェイスラインにすることが可能で、小顔になります。

首、デコルテ、鎖骨も大事

小顔にするためには、確かに顔に施すマッサージが最も効果的です。しかし、それ以外にも忘れてはいけない部分があります。それは足と首です。

首は頭皮と同じで、顔に最も近い部分です。顔のむくみは首から来ていることがあり、起きた時に顔がむくんでいるのは、枕が原因ということもあります。首をマッサージしてすっきりと軽くしてあげると、顔のむくみの解消につながります。

そして足の指マッサージが、顔のトラブル解消に役立ちます。ツボを刺激し、血行を良くすることで、その血液が顔にまで伝わってきます。リンパの流れが良くなって、むくみが解消されると、小顔にすることができるでしょう。

小顔にするためには首、デコルテ、鎖骨と3つの部分をマッサージします。両手を交差させて、耳の後ろに持っていきます。そこから鎖骨にかけて軽く流しましょう。

次に手を交差させたまま肩の上に置き、そこから鎖骨まで流します。そして鎖骨から脇の下のリンパに沿って流します。それから鎖骨の下の部分を鎖骨に沿ってさすります。
これで、小顔効果を高くするデコルテ部分のマッサージが完成です。

小顔にするための足のマッサージ法は、指をちょっと痛いくらいにつかんで離します。足首から太ももにかけて両手で交互にさすり上げます。手をしっかりと肌につけた状態でさするのが上手にマッサージするポイントです。

フェイスリフレSPの絶大な効果

エステサロンは数多く存在します。自分へのご褒美に、そして特別な日にエステに行くという方もいることでしょう。

エステに行って、プロから小顔マッサージをしてもらってはいかがですか。自宅で自分がマッサージする時の参考にすることができます。

専用の器械を使い、血液の流れを良くしてくれるのが、シーズラボの小顔マッサージです。セルライトや脂肪吸引をして、肌の状態を柔らかくしてくれます。そこからさらに電気で刺激を与え、小顔効果を高くするのです。脂肪の分解と引き締め効果によって小顔に近づくことができます。

プロのマッサージはすぐに実感することができるでしょう。定期的にすることで、その効果を持続させることが可能となります。

新しいフェイシャルコースが誕生したのが、ラ・パレルです。ラ・パレルに新しくできたのは、フェイスリフレSPです。誕生キャンペーンとして、1時間1万2600円のマッサージが今なら無料です。エステの小顔コースを体験できるいいチャンスですね。ここでは、頭皮マッサージと脚のマッサージを兼ねることで、顔のむくみを解消してくれます。

顔のくすみが取れて、毒素が出ていくのが分かるでしょう。頭皮マッサージで血行が良くなり、顔の状態もアップします。全身がいい気持ちになり、心も体も軽くなること間違いなしです。

プラチナゲルマローラーを徹底活用

小顔にするためには、顔の表情筋に働きかけることで高い効果を実感することができます。表情筋は年齢とともに垂れ下がってきます。それがたるみとなり、ほうれい線も濃くなってしまいます。二重アゴの原因でもありますから、表情筋が小顔にするためにどれだけ必要なことかが分かると思います。

この表情筋を鍛えることは日常生活ではかなり難しいものです。簡単に表情筋を鍛えることのできるアイテムに、プラチナゲルマローラーという商品があります。プラチナゲルマローラーは表情筋を鍛えることでたるみや二重アゴの解消ができ、しかも肌の状態も健康的にしてくれる道具です。

ハンドマッサージではちょっと力が強くなりがちな目のまわりも、このローラーを使うともっと簡単にマッサージができてしまいます。どこでも使うことができ、顔の上を転がすだけでいいのです。

バスタイムを有効に使うことができ、テレビを見ている時や本を読みながらでも、ローラーを使ったマッサージで小顔にすることができます。

首やアゴの気になるしわの解消もできるマッサージです。肌にハリを与える効果も抜群ですから、きれいに小顔にすることができるでしょう。

フェイスラインに徹底的に使うことで、小顔に近づいていきます。最近では、プラチナゲルマローラーのような商品も色々と登場してきていますから、本気で小顔を目指したい方は1つ購入してみてはいかがでしょうか。

基本的な流れをおさえておこう!

小顔マッサージは1日に必要な時間が短く、誰でも簡単にできます。しかも種類が豊富にあるので、自分が気に入ったマッサージ方法を実践することが可能です。

小顔マッサージを行う人は、まず自分が最も気になる部分を確認してみましょう。小顔マッサージはすべての悩みを解消してくれますが、二重アゴなのか、むくみなのか、それとも頬についている脂肪を落としたいのか。それによってどの小顔マッサージが最適なのかが分かります。

顔以外の悩みなら、首やデコルテがあります。この部分をすっきりさせることも、小顔マッサージに含まれます。小顔効果を高くするためには、デコルテもセットになっているということを覚えておくと良いでしょう。

そのため、顔のマッサージをする時には首から始めていきます。下の部分からしていかないと、リンパの流れが良くはならないからです。

最初に、両手を右の耳の下に当てます。右手は肩の先に流し、左手は鎖骨まで流します。触れているという感覚でソフトに行い、左耳からも同様にしていきます。

次に、顔のマッサージです。親指以外の指で額からこめかみ、顔の中心からこめかみ、アゴからこめかみと3か所から外側に向けてリフトアップします。

最後は首をかしげながら、両手でフェイスラインに沿ってなでていきます。仕上げにパッティングをして終了となります。

おネエMANSで紹介されたマッサージ法

小顔マッサージは主にハンドによって行います。お金をかけることなく、しかも軽い力で行うマッサージ法ですから、誰でもできるものです。この時に、身近にある道具を使っても、さらに小顔効果を高くすることができます。

まずはペットボトルです。空になったペットボトルを口にくわえて、そのまま大きく空気を吸い込みます。頬に力が入り、口のまわりの筋肉が鍛えられる方法です。これを行うことによって小顔になるだけではなく、すっきりとした頬とアゴにすることができます。シャープなラインを作り出し、歯の力も鍛えることができます。

ペットボトルに水を少量だけ入れて、口で持ち上げるとさらに鍛えることができます。慣れてきたら左右に動かす動作もやってみましょう。

また、片手間にできる小顔マッサージが、スプーンを使ったマッサージです。スプーンを使う時にはちょっと強めの力ですると高い効果が得られます。

スプーンを使う方向は、耳の後ろから頬骨にかけてです。顔なら頬からこめかみ、アゴからこめかみ、目の下からこめかみとすべて上方向に使います。これをセットで3回ずつ行ってください。

このスプーンを使用した小顔マッサージは、エステティシャンの高橋ミカさんが推奨するマッサージ方法です。ハンドよりも簡単で肌にはソフトな圧力をかけることができます。
人気番組のおネエMANSでも紹介されたので、ご存じの方もいるのではないでしょうか。ぜひこのマッサージ法を実践して、憧れの小顔に近づいていきましょう。

方法を間違えるとむくみが悪化することも

小顔にできるマッサージを実践するためには、正しいリンパの流れに沿って行うということが大切です。リンパ腺の中を流れているものを、スムーズに排出させるために、流れている方向を間違えないようにマッサージを行いましょう。

誤って逆方向に流してしまうと、むくみがひどくなり小顔効果を得ることが難しくなってしまいます。しかも血液の流れを止めてしまうために、ますますひどいむくみを招く可能性があります。皮膚の状態も悪くしかねませんので気をつけましょう。

そして力を入れすぎないことも重要です。リンパは皮膚のすぐ下を流れています。大きな力を入れなくても、小顔マッサージを行うことが可能です。力を入れすぎてしまうと、顔の筋肉を痛めることにもなり、たるみができてしまいます。ハンドマッサージで小顔にしていく時には、力を入れずに行うことが大切です。

筋肉が壊れたるみができると、たるみをなくすのが難しくなります。たるみやむくみを解消するための小顔マッサージが逆効果となりますから、軽い力で行うように心がけましょう。

時間がない時などは急いでやってしまいがちです。小顔マッサージ効果を高めるために、ゆっくりと時間を気にせずに行うことも必要になってきます。

血行促進でむくみを解消

小顔マッサージのメリットは数多くあります。例えば、顔を小さくすることだけではなく、肌の状態が良くすることができることです。また、しわが伸び、血色が良くなります。実際にやる時には正しい方法で、毎日行うことを心がけましょう。

毎日のお手入れと一緒に小顔マッサージをすることで、リンパの流れが良くなります。普段の基礎化粧品をつけるだけとは違った効果が現れます。リンパの流れに沿って流す、これだけで、詰まりが解消されてむくみが取れます。毎日行うことでむくみ知らずの顔になれるのです。

時間も短くわずか3分ほどです。基礎化粧品をつけながら行うとしわが伸び、たるみの解消につながります。朝晩のお手入れだけでも、10分もかからないのでお手軽です。

自分の手によるマッサージですから、肌の状態も分かりやすく、トラブルを未然に防ぐことが可能です。そして特別な道具はいりませんから、お金もかからないというメリットがあります。

間違った方法でマッサージをしてしまうと、肌に負担がかかり、小顔効果も薄れてしまうでしょう。そして継続しないと、すぐに元通りに戻ってしまいます。いったん小顔マッサージを行うと決めたら、毎日決行するようにしてください。これはエステに行ったとしても同様です。

小顔マッサージの効果は1日でも実感することができます。しかし、習慣にしないとすぐに戻ることを忘れないようにしましょう。今夜から早速、小顔マッサージをやってみてはいかがでしょう。

入浴中の習慣にしよう!

顔が大きいからとあきらめてはいけません。骨格の近くまで脂肪やむくみを取り除くことができたら、小顔になることも夢ではないでしょう。小さな顔はアゴが小さく、頬の肉も薄くついています。この状態にするためには、毎日マッサージをすることが重要なポイントです。

普段毎日やっていることにプラスして、小顔マッサージを行って、習慣にしてしまうことが小顔になるための何よりの近道です。

毎日していて、小顔効果を高くできることには、入浴があります。入浴で血液の流れが良くなっている時にマッサージをすることをお勧めします。むくみも取れやすく、実感する速さが違ってきます。お手入れ後の、肌が潤っている状態の時にも、マッサージを併せて行ってみてください。そして正しい方法で行うことが大切です。

小顔にするためにはリンパマッサージを行っていきます。リンパの流れに沿ってしないと、逆に顔を大きくしてしまいますから注意して下さい。凝りやむくみから来ているリンパの詰まりを取るために、やさしく指の腹を使ってマッサージをしていきます。

リンパマッサージは顔の鼻から耳の後ろに流します。首のマッサージも忘れないでください。首から鎖骨に流し、きれいなデコルテにしていくのです。小顔効果を高くし、小顔と同時に首もきれいにすることができます。

自宅でできるリンパマッサージ

小顔になることが女性の間では当り前のようになってきています。これは以前から話題になっていることでもあります。そして顔を小さく見せることで、少しでもスタイルを良く見せることが期待できます。

小顔効果が高まるだけではなく、肌の状態も良くすることができるのが、小顔マッサージです。エステに行かなくても自宅でリンパマッサージをすると、小顔にすることが可能です。

このマッサージは顔に無理な力をかけなくても、軽い力でもできる簡単なマッサージ法となります。顔を小さく見せるために、無駄なたるみを取り除き、むくみを解消することができます。美肌になる効果も高く、ハリとつやが取り戻せます。

リンパは皮膚の下すぐにあるために、詰まりやすく、老廃物が滞ることで顔が大きく見えてしまいます。流れを良くするためにはリンパマッサージが効果的で、小顔を実現させることが可能です。

肌に負担をかけないために、クリームをつけた状態で行うようにしてください。リンパの流れに沿って肌をなでてあげることで、立派なマッサージになっているのです。このマッサージをしてリンパの流れを良くしたら、さらに筋肉を鍛えてみましょう。小顔効果がよりいっそう高まります。

小顔マッサージはたるみ防止にもなり、健康的な肌にすることもできます。継続することが大切なので、毎日積み重ねるようにして見ると良いでしょう。

オウエンス補整メイクセット

小顔メイクには興味があるけれど、何から始めたらいいか分からない、という人もいるでしょう。「オウエンス補整メイクセット」は、小顔メイクのためのアイテムがセットになった、話題の商品です。小顔に見えるように補正をする、という考え方から作られましたメイクセットです。

「オウエンス補整メイクセット」は3アイテムがセットになっています。まずは、ベースメイクの際に使用するシークレットライナーというアイテム。これはペンシル型コンシーラーでカラーはナチュラル系です。

このアイテムで、目立つクマやシミを補正した後、普段通りに、手持ちのアイテムでベースメイクをします。

口紅を塗るときにはミラクルライナーという、ピンク系のリップライナーを使います。リップラインをはっきりとさせて小顔効果を高めます。また、唇の細かい縦ジワや口角などの補正も行ないます。

シャインパウダーはパール入りのゴールド系フェイスカラーです。専用のフェイスブラシも付属されています。メイクアップの仕上げに、シャインパウダーでフェイスラインを引き締めます。普段のメイクに3アイテムを取り入れるだけの手軽さで、小顔メイクの出来上がりです。

この便利な「オウエンス補整メイクセット」はメイクアップアーティストの本田ヒカルさんによって作られました。代官山にサロンもあり、ショップチャンネルで注目の、売れ筋アイテムです。

タグ

IKKOさん流のテクニック

小顔メイクをIKKOさん流で挑戦してみましょう。たくさんの効果的なメイクグッズやテクニックを教えてくれる、美のカリスマと言われるIKKOさん流のやり方なら、小顔メイクにもやる気が出てきそうです。

メイクアップのベースである、ファンデーションテクニックをご紹介します。ファンデーションにはリキッドタイプを使います。ポイントはファンデーションをのばすときに、必ず上へと、伸ばすことです。

最初に、額、頬、顎にリキッドファンデーションを置いていきます。このときも、中心からこめかみ方向に向けて置きます。伸ばすには手の平を使い、顔の下から上へと伸ばします。このように伸ばしていくことによって、シャープなフェイスラインを作ることができます。ファンデーションの塗り方一つで、顔をリフトアップし、小顔メイクができるのです。

次は小顔メイクに必須のシェーディングテクニックです。IKKOさんのシェーディングの特徴は、顔の必要ないところを隠すという考え方にあります。

実際にシェーディングを入れていくのは、額中央付近の生え際から眉尻まで。そして、こめかみの辺りと、頬から耳にかけて三角形に入れていきます。頬は薄めに、ブラシは軽く動かしましょう。

小顔に見えるIKKOテクニックで小顔メイクを楽しんで下さいね。

ミネラルファンデーションの比較はこちらから

意外と重要なリップライン

口紅はメイクに無くてはならないアイテムです。小顔メイクでも、口紅は大きなウェイトを占めます。塗り方や色に工夫をして、小顔に見せるメイクの方法をマスターしてください。

小顔メイクの口紅は塗り方にコツがあります。それは、リップラインをしっかりと描くことです。リップブラシやリップペンシルを利用して、リップラインを囲み、境目を作ります。その際には、口角を少し上げるように描くことでリフトアップ効果が期待できますリフトアップによって小顔に見せますので、左右対称になるように気をつけて描いてください。

小顔メイクのための口紅の色は、チークの色と同系色だと効果的です。リフトアップして見えるように差したチークと口紅の色味を合わせます。使いやすい口紅の色として1本は持っていたいのが、ベージュ系です。様々なメイクやファッションにも馴染みやすいカラーです。

しかし、ベージュは薄い色なので、発色は唇の色に影響されます。リップケースに入っている口紅の色と、唇に乗せたときの色とギャップがあることが多いです。試用サンプルなどを利用して、必ず試してから購入することをお薦めします。

他にもブラウン系の口紅とチークでまとめればモダンなイメージに、オレンジ系ならば健康的なイメージに仕上がります。

様々な化粧品ブランドから、多くのタイプの口紅が販売されています。お気に入りを探して、小顔メイクに役立ててください。

アイメイクで錯覚を起こさせよう

小顔メイクの中でもアイメイクは重要です。アイメイクを強調することで、目に注目が集まるようにすると、人の目は錯覚を起こし、小顔に見えます。

また、アイメイクは、チークなどを利用した小顔メイクをより効果的に見せるためにも大切なメイクとなります。

小顔メイクで目の周りを強調するのに、大きな効果を発揮するのがアイライナーです。瞼を片手で引き上げるようにして描いていきます。普段アイライナーを使わない方は、線を描こうとしないで、まつげとまつげの間を点で塗っていくようにしましょう。そうすると、慣れない人でも失敗することなくメイクすることができます。

ラインの幅を目元から目尻にかけて、同じ太さになるように合わせます。目尻の最後はラインを心持ち上向きに描きましょう。こうすると、目元が強調され小顔に見せるのに効果的です。

また、マスカラも小顔メイクには欠かせません。マスカラを塗る前に、ビューラーでまつげを上向きに整えます。毛先だけでなく、根元から十分にカールさせてください。マスカラもカールが長持ちするように、根元から塗ります。毛先へ向かって重ね塗りをすると、まつげの長さも量もアップし、目元が更に強調されます。

アイメイクは小顔メイクの効果を引き立たせます。ぜひ、挑戦してみてください。

チークのさし方テクニック

小顔メイクに欠かせないアイテムがチークです。ちょっと頬に差すだけで、イメージが大きく変わります。チークに馴染みのない方も、小顔メイクをする際は、ぜひ一度取り入れて欲しいメイクアイテムです。

チークですが、使うときに気をつけて欲しいのが、使い方によって幼く見えてしまったり、フェイスラインが大きく見えてしまったりすることです。

チークはあくまでもナチュラルが基本です。塗り重ねてチークが目立つようでは失敗です。では、小顔メイクに効果的なチークとは、どのように差していけばよいでしょうか。

大切なのは、眉尻から目じりを結んだ線が、頬のチークと平行になるように差すことです。こうすると、頬が持ち上がったように見えるので小顔効果が上がります。小顔に効果的なチークの差し方を順に沿って見ていきましょう。

まず、小鼻からこめかみにかけて、ブラシでチークを差していきます。このときに濃く入れ過ぎずに、チークの色が分かるか、分からないか程度の薄付きで十分です。次に、適量のチークをブラシに付けたら、頬の最も高さがあるところに差します。そして、チークの粉を追加せずに、同じブラシのまま、こめかみから目尻にかけて差します。最後にこめかみから眉尻を結んだ線上に差します。

チークは小顔メイク以外にも、くすみや顔色の悪さなど、気になる顔のトーンを変えることができます。顔のトーンが変わると、健康的で華やいだ印象になり美しさが更にアップするでしょう。