顔を小さくする方法

体験コースでプロの技術を習う

自宅で小顔になれるエクササイズやマッサージをしている人なら、一度はエステティックサロンに行ってみるといいでしょう。プロの技術を参考にすることができ、そして高い効果をすぐに実感できる方法だからです。

エステティックサロンに何度も通える人ならば、小顔を維持することができます。そうではない人なら、体験コースがいいでしょう。低料金で施術を受けることができるいい方法です。

初回ならば、どのエステティックサロンに行っても、格安で小顔の体験コースを受けることができます。しかも定期的に何度か違うエステティックサロンに足を運ぶと、そのたびに体験コース料金での施術を受けることが可能です。

実際に入会するまでには、こうした体験が受けられます。小顔になるためには有効な方法のひとつでしょう。

自分で小顔マッサージなどをする時でも、エステでマッサージを受ける時でも、気をつけたいのは継続しないと効果が半減するということです。

そのため継続することが大切です。エステティックサロンの数は多いので、違ったサロンはいくらでも選べます。最近では大手のエステであれば、体験エステだけ行ってもあまりしつこい勧誘はありません。これならお金の心配もなく、安心して小顔のマッサージを受けることができる、いい方法ではないでしょうか。

ヘアスタイルのバランスに気を配ろう

顔の形によって小顔に見せるヘアスタイルが変わってきます。できるだけ小顔効果を高める方法として、髪型が重要になります。

顔の形は丸顔や面長、ベース型、卵型と分けることができます。どんな髪型でも似合うのが卵型です。トップにボリュームを出してあげるのが小顔に見せるいい方法です。

面長の人なら額を出さないようにしたほうがいいでしょう。そして頬に肉がついていない人であれば、すっきりと顔の横を出してあげる髪型が小顔に見せる方法です。

どんな顔の形の人にも似合い、小顔に見せることのできる髪型と言われているのが、セミロングです。セミロングを丸顔の人がするとアゴのラインを強調することなく、隠す役目をしてくれます。細い人なら丸みを出すことが可能となります。さらにボリュームを出すために、毛先をカールするといいでしょう。

頭が大きく見えると必然的に顔も大きく見えることになってしまいます。このため、顔の幅が広い人は、髪型の選択方法が限られます。ショートにした時にもロングにした時にもボリュームを出すようなパーマは避けたほうがいいでしょう。

ショートは小顔に見えると思われがちですが、顔が大きな人にとっては強調する結果になります。ロングにすると顔の大きさを隠せように見えますが、バランスが悪くなりますから気をつけるようにしましょう。

立体メイクのテクニックを磨く

ほとんどの女性はメイクを毎日すると思います。小顔に見せるメイク方法をすると、本来の顔よりも小さく見せることができます。

小顔に見せるメイク方法は、シャープなフェイスラインにして、メリハリをつけていきます。日本人の顔は平面的な顔になっているために、高い部分を強調してあげることで、小顔に見せることができるのです。

この時に気をつけなければいけないのは、メイクに使う道具の色と、明暗をあまり強調しすぎてしまうと派手な顔になってしまうということです。

メイクに使うファンデーションや、チーク、それにアイシャドーなどは自分に合っているものを選んでください。合わないものを使ってしまうと、逆効果となり、小顔に見せることができません。

正しい小顔メイクはカラーによって決まってくると言ってもいいでしょう。
顔の形から判断すると分かります。丸顔の人は頬に強い色を使い、顔を引き締めるメイク方法になります。顔が細く、頬骨が出ている人は、やさしい色を使ってあげると全体の印象が良くなります。

メイク方法によってどんな小顔効果を出したいのかが違ってきます。立体感をつけることは大切ですが、あまり変に強調しないようにします。そのため、カラーを使ったら必ずぼかすようにしましょう。

こうすると自然に見せることができ、肌となじみやすくなります。

美肌づくりにも効果的なリンパマッサージ

リンパの流れをスムーズにするだけで、小顔にすることができます。小顔にするためのリンパマッサージは全身もきれいにすることができ、痩身効果も高い方法です。

リンパが詰まっているのは老廃物が原因です。この詰まっているものをすっきりと外に出すことで、小顔にすることができます。余分なものが出ていくとそれだけ肌の状態も良くなります。血行が良くなって、むくみの解消もできます。

これはすべてアンチエイジングにもつながっていきます。年齢を取り戻す効果がとても高く、やっていても損はないマッサージ方法となります。

リンパマッサージはリンパの正しい方向に向けて流してあげます。意外とすぐに効果を実感できる方法です。飲みすぎた翌日などに、リンパマッサージをしてみてください。まぶたの腫れや頬のむくみがすっきりとするはずです。

これを毎日継続すると、顔が小さくなっていきます。脂肪やむくみが改善されて、だんだん小さくなっていくのです。同時に首もリンパマッサージをしましょう。

そうするとさらに小顔効果を高めることができます。また、デコルテをきれいにすることも取り入れると、その効果はぐんとアップしていきます。

顔のリンパマッサージを身体にも同時に行ってみてください。全身の血液の流れが良くなって冷え性の改善もできてしまう、最高のマッサージ方法です。

スッキリさせたい場所と原因を突き止める

自分に最適な小顔にする方法を見つけるためには、まずは自分の顔のどの部分を改善したいのかを探すことから始めましょう。それが原因を突き止めるために有効です。

顔が大きいのは骨格が原因の場合や、脂肪がつきすぎていること。むくみや表情筋の衰えなどがあります。

骨格は変えることができませんが、この骨格がゆがんでいる時にはゆがみを矯正する方法があります。矯正することで、小顔になれる可能性がありますから、簡単にあきらめないようにしましょう。

顔のゆがみは、かみ合わせに関する食事の食べ方や歯ぎしりなどが原因です。ほかにも体の骨の位置がずれている可能性もあります。姿勢を正しくしないと、すべての骨の位置がずれ始めます。あまりにゆがみがひどい場合は、小顔になるためといえ、全身を矯正する必要もあるでしょう。

歯ぎしりの場合にはストレスが要因ということもあり、早急にその原因究明が必要になります。

脂肪がつきすぎている時には、当然ダイエットが最適な方法になります。全身ダイエットや小顔ダイエットなどを実践してみてください。

むくみの原因はいろいろあります。水分が溜まっている状態ですから、アルコールや過剰な水分、睡眠不足などもむくみの原因です。解消するためには、水分を排出する方法やマッサージが効果的といえます。

表情筋はエクササイズで鍛える方法が最適です。積極的に動かすことで、たるみをなくし小顔にすることができるでしょう。

毎日続けられるマッサージアイテムを使う

小顔になるための商品がたくさん販売されています。これらを取り入れることで、自宅で手軽に利用することができ、より小顔にできる方法を簡単に行うことができます。

美容関連の通販だけではなく、雑貨店や薬局でも販売されていますので、小顔関連商品がたくさん売られていることが分かります。

パックのように顔につけるだけの方法には、小顔マスクがあります。これは入浴中でもつけることができ、発汗作用と血液の流れを良くする働きが強いものです。顔から老廃物を出すことによって、小顔効果を高めます。また、アイテムを使ったマッサージ方法もあります。

低周波によるマッサージ機やローラーなどは手軽に使えて人気があります。普段鍛えることのない表情筋を使うことで、代謝も高くすることができる方法です。刺激を与えて、血液の流れを良くしていきます。

道具を使ったマッサージ方法は、どれも片手でできることが多く、好きな時に手に取ることで簡単に小顔になれるというメリットがあります。価格は商品によって数百円のものから数万円するものもあります。今人気の美容ローラーなどは1万円~2万円のものが一番売れているようです。

このような小顔マッサージのアイテムは、楽しみながらできてしまいます。小顔にしたいけれど時間をかけたくないという人は、テレビを見ながら、本を読みながら片手に持って利用してください。

老廃物の排出を促してシャープに!

小顔にしたいと思っていない人にもお勧めしたい方法が、リンパマッサージです。顔の血色が良くなって健康的な印象を与えることができます。

なによりも顔から老廃物が流れていく方法ですから、顔がすっきりとすることが大きな魅力です。全身にリンパマッサージをすると、さらに体中がきれいになります。

軽い力でもできる方法ですから、手の力がない人でもできます。肌の衰えが気になる人にもリンパマッサージが最適です。

二重アゴを改善することもできるリンパマッサージは、首から鎖骨にかけてきれいにすることもできます。

その方法は、親指を上に向けた状態でアゴに当てます。そのまま力を入れた状態で耳の下に流します。さらにそこから鎖骨まで指を下ろして、たるんだ脂肪を解消していきます。
シャープなアゴになって、小顔に見せることができるでしょう。
小顔にするためのリンパマッサージ方法は、力を入れないことが重要です。そして正しいリンパの方向に沿って行うようにしましょう。

マッサージの方法を間違ってしまうと、逆効果となります。肌を傷めないように、クリームをたっぷりと使うようにしてください。

皮膚のすぐそばにリンパがありますから、適度に刺激を与えるようにするだけでいいのです。小顔になるためには、顔から余分なものを取り除いてあげることが必要です。

意識的に表情筋を動かそう!

顔にある表情筋を鍛えると、小顔にできるということをご存知でしょうか。表情筋は普段あまり使われることのない筋肉です。かなり大きく動かさないと鍛えることが難しいため、小顔にする方法としてはかなり有効です。

ちょっと意識して表情筋を動かしてみましょう。ほんの少し動かしただけでも、疲れてくるのではないでしょうか。この表情筋を鍛えて小顔にする方法があります。

それが小顔エクササイズです。エクササイズは簡単な方法ですから、好きな時に行うことができます。

顔を上に向けて首をしっかりと伸ばします。口を大きく開けて下を向きながら「い え」と発声します。

次に正面を向いて、「あ う お」と言います。口を大きく動かすことがポイントです
これが小顔にする、口のまわりを鍛える方法です。目のまわりを鍛える方法もあります。
口まわりのエクササイズが終わったら、目を強く閉じます。数秒間そのままにして、開く時には思い切り大きく開けてみましょう。

表情筋を鍛える方法は、小顔と同時に肌の状態を若返らせることもできます。実行することで、その効果を確実に実感することが可能です。

表情筋を鍛えると、表情が豊かになるので年齢を若く見せることもできます。

食事内容と生活習慣をあらためる

健康や美容のために実行していることは、毎日の積み重ねが大切です。習慣によって美しい身体作りができると考えていいでしょう。

この時に大切なことは、生活習慣ということになります。小顔に関しても生活の中で作られると言えます。毎日のどんな習慣が小顔に関係してくるかというと、水分補給や食事などが挙げられます。

水分は関係なさそうですが、顔を大きく見せているものにはむくみがあります。代謝が低下していると顔がむくみやすくなるのです。そのため水分補給はむくみを解消する大切な方法となります。

水分はまとめて摂るのではなく、数回に分ける補給方法が最も効果的です。体にも水分が必要なので、小顔だけではなく健康面でも欠かせません。同じようなものにはアルコールがあります。飲んだ次の日の顔のむくみや全身のむくみは誰でも実感できると思います。アルコールはむくみを激しくするものですから、摂りすぎは控えましょう。

食事に関しては食べすぎが挙げられます。太っているとそれだけ顔にも脂肪がついてしまいます。体調管理をしっかりすることによって、小顔を現実のものにしてください。

食事の際には、良くかんで食べるということが小顔にするための方法として望ましいでしょう。アゴを動かし鍛えることで二重アゴの防止に役立ちます。

また、かみ合わせはとても重要になりますので、少しだけ意識して左右の歯を同じくらい使って食べる方法をお勧めします。

簡単なエクササイズを取り入れよう

顔を実際に小さくできる方法には、リンパマッサージやエステ、小顔エクササイズなどがあります。この小顔にできる方法と併せて小顔に見えるメイク法というのもあります。

これは一見、小顔に見せるだけの効果しかなさそうですが、毎日正しい方法でメイクをすることで、小顔に近づけることができます。それは正しいメイク法というのが、リンパの流れに沿って行うものだからです。

ファンデーションがその役割を持っています。さらにファンデーションの色を使い分けることで、小顔に見せることができます。眉やチークなども重要なポイントメイクです。小顔メイクを行うと同時に小顔にできるマッサージ方法などを同時に行うと、本当の小顔になることが可能です。

そして最もメジャーな方法がリンパマッサージです。顔に老廃物が溜まり、むくみを生じさせているということは、すでに知られていることではないでしょうか。このむくみを取るだけで、簡単に小顔に近づけることができます。朝晩の洗顔後のお手入れや入浴中にできる方法です。

エクササイズは顔を動かすことでできる最も簡単な方法です。表情筋を鍛えることで、脂肪を落とし顔全体を一回り引き締めることが出来ます。顔の印象を明るくすることができ、小顔になれるものです。

小顔になれる方法は、種類が豊富で、自分のライフスタイルや性格に合っているものをいくらでも探すことができます。是非、自分にあった小顔になる方法を見つけてみて下さい。