立体メイクのテクニックを磨く

立体メイクのテクニックを磨く

ほとんどの女性はメイクを毎日すると思います。小顔に見せるメイク方法をすると、本来の顔よりも小さく見せることができます。

小顔に見せるメイク方法は、シャープなフェイスラインにして、メリハリをつけていきます。日本人の顔は平面的な顔になっているために、高い部分を強調してあげることで、小顔に見せることができるのです。

この時に気をつけなければいけないのは、メイクに使う道具の色と、明暗をあまり強調しすぎてしまうと派手な顔になってしまうということです。

メイクに使うファンデーションや、チーク、それにアイシャドーなどは自分に合っているものを選んでください。合わないものを使ってしまうと、逆効果となり、小顔に見せることができません。

正しい小顔メイクはカラーによって決まってくると言ってもいいでしょう。
顔の形から判断すると分かります。丸顔の人は頬に強い色を使い、顔を引き締めるメイク方法になります。顔が細く、頬骨が出ている人は、やさしい色を使ってあげると全体の印象が良くなります。

メイク方法によってどんな小顔効果を出したいのかが違ってきます。立体感をつけることは大切ですが、あまり変に強調しないようにします。そのため、カラーを使ったら必ずぼかすようにしましょう。

こうすると自然に見せることができ、肌となじみやすくなります。

小顔アイテム人気ランキングはこちら!

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://face-diet.net/mtos/mt-tb.cgi/58

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)