ヘアスタイルのバランスに気を配ろう

ヘアスタイルのバランスに気を配ろう

顔の形によって小顔に見せるヘアスタイルが変わってきます。できるだけ小顔効果を高める方法として、髪型が重要になります。

顔の形は丸顔や面長、ベース型、卵型と分けることができます。どんな髪型でも似合うのが卵型です。トップにボリュームを出してあげるのが小顔に見せるいい方法です。

面長の人なら額を出さないようにしたほうがいいでしょう。そして頬に肉がついていない人であれば、すっきりと顔の横を出してあげる髪型が小顔に見せる方法です。

どんな顔の形の人にも似合い、小顔に見せることのできる髪型と言われているのが、セミロングです。セミロングを丸顔の人がするとアゴのラインを強調することなく、隠す役目をしてくれます。細い人なら丸みを出すことが可能となります。さらにボリュームを出すために、毛先をカールするといいでしょう。

頭が大きく見えると必然的に顔も大きく見えることになってしまいます。このため、顔の幅が広い人は、髪型の選択方法が限られます。ショートにした時にもロングにした時にもボリュームを出すようなパーマは避けたほうがいいでしょう。

ショートは小顔に見えると思われがちですが、顔が大きな人にとっては強調する結果になります。ロングにすると顔の大きさを隠せように見えますが、バランスが悪くなりますから気をつけるようにしましょう。

小顔アイテム人気ランキングはこちら!

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://face-diet.net/mtos/mt-tb.cgi/59

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)