ファンデーションは2色づかいが基本

ファンデーションは2色づかいが基本

小顔に見せるメイクテクニックは自分で取り組むと、なかなかうまくいかないことも多いでしょう。まずは、メイクのベースとなるファンデーションを見直してみましょう。
どんなファンデーションを使っているでしょうか。

小顔メイクオススメのテクニックとしては、2色のファンデーションを使うことです。顔の高い部分には、地肌と同じくらいのトーンのファンデーションを選び、頬や顎のラインなど、引き締めて見せたい部分には、少し暗めの色を使います。

ファンデーションで立体感を作っておけば、メイクしていくときのチークやシャドー、ハイライトがより効果的に顔の印象を小顔にしてくれます。チークは少し色の落ち着いたものを選ぶと、より引き締まった頬になります。

ファンデーションを2色使うことは、一見すると難しいことのように思われがちですが、リキッドやクリームのファンデーションを使えば、そう難しいことではありません。
リキッドやクリームは肌に馴染み易く、色を混ぜることも可能です。ですから、色と色の間は、少し混ぜるようにして馴染ませてあげるとよいでしょう。

仕上げにパウダーをはたけば、より自然に仕上がります。ぜひチャレンジしてみましょう。ファンデーションの塗り方を変えるだけでも、顔の印象は格段に変わりますよ。

小顔アイテム人気ランキングはこちら!

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://face-diet.net/mtos/mt-tb.cgi/23

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)