チークのさし方テクニック

チークのさし方テクニック

小顔メイクに欠かせないアイテムがチークです。ちょっと頬に差すだけで、イメージが大きく変わります。チークに馴染みのない方も、小顔メイクをする際は、ぜひ一度取り入れて欲しいメイクアイテムです。

チークですが、使うときに気をつけて欲しいのが、使い方によって幼く見えてしまったり、フェイスラインが大きく見えてしまったりすることです。

チークはあくまでもナチュラルが基本です。塗り重ねてチークが目立つようでは失敗です。では、小顔メイクに効果的なチークとは、どのように差していけばよいでしょうか。

大切なのは、眉尻から目じりを結んだ線が、頬のチークと平行になるように差すことです。こうすると、頬が持ち上がったように見えるので小顔効果が上がります。小顔に効果的なチークの差し方を順に沿って見ていきましょう。

まず、小鼻からこめかみにかけて、ブラシでチークを差していきます。このときに濃く入れ過ぎずに、チークの色が分かるか、分からないか程度の薄付きで十分です。次に、適量のチークをブラシに付けたら、頬の最も高さがあるところに差します。そして、チークの粉を追加せずに、同じブラシのまま、こめかみから目尻にかけて差します。最後にこめかみから眉尻を結んだ線上に差します。

チークは小顔メイク以外にも、くすみや顔色の悪さなど、気になる顔のトーンを変えることができます。顔のトーンが変わると、健康的で華やいだ印象になり美しさが更にアップするでしょう。

小顔アイテム人気ランキングはこちら!

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://face-diet.net/mtos/mt-tb.cgi/26

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)